15日死去した阿波踊りの名手・四宮生重郎さんは、華麗な舞で国内外の観客を楽しませ、踊りの魅力発信に力を尽くした。年を重ねても踊る喜びを全身で表し、次代に継承する大切さを訴えた。

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞電子版(有料)への登録が必要です。