『TOKIOカケル』にゲスト出演した(中央)博多華丸・大吉(C)フジテレビ

 お笑いコンビ・博多華丸・大吉が18日放送のフジテレビ系バラエティー『TOKIOカケル』(毎週水曜 後11:00)のゲストに初登場する。「公私ともに、芸能界でいちばん一緒に飲んでいるのは松岡さん」と話す大吉は、松岡昌宏の“メンバー愛”を披露。国分太一から「プライベートの松岡はどういう感じなんですか?」と尋ねられた大吉は「いい機会だから言わせて下さい」と張り切り、どんなことを話されるのかと落ち着かない様子の松岡の前で「めちゃめちゃメンバーのこと大好きですよ」と暴露する。

【写真】驚きの表情を見せる博多華丸・大吉

 さらに、大吉は「ちょっとした合間でもよく出てきますよ、お三方の名前が。プライベートでもロケ中でも。これをリーダーにやらせたら…、あいつもかっこいいけどうちのボーカルにはかなわないよ…とか。とにかくお三方への愛が深い」と話してTOKIO全員を大照れさせる。大吉は3人の名前がいつでもどこでも名前が出てくると話し、「愛されてますよ! そういったおつもりでいたほうがいいですよ!」とニヤリ。具体的なエピソードを明かすと、国分は「それは初耳! 知らない一面ですね」と驚かせる。

 一方、国分からも「大吉さんの名前もよく聞きます」と報告が…。松岡の大吉への愛も明らかになり、照れまくった松岡は「何の三者面談なんだ!」と思わず立ち上がる。メンバーも知らなかった、松岡のプライベートとは。

 またゲストの知られざる一面を引き出すため、今まで聞かれた事がないであろう質問をゲストにぶつける企画『博多華丸・大吉の生まれて初めて聞かれました』では「フジテレビで最も古い“華大”は?」という質問で、フジテレビにある博多華丸・大吉の最古映像が公開。

 25年前、当時華丸24歳、大吉23歳が“アイドル芸人”として活動していた頃の映像で、
『ゴールデンタイム』(1994年4月~9月)の初回の放送に、“福岡の大スター博多発のお笑いコンビ”として登場。ファンたちの黄色い声援を浴びながらサインをせがまれている映像が流れると、本人たちは「恥ずかしい…」と苦笑する。「“明太子カラー”と呼んでいたと思う」というおそろいの赤い衣装を着た貴重映像がお披露目される。
 
 しかし2人はオンエアを見て大反省したと語り、半年で終了してしまった『ゴールデンタイム』に対して「初回で自分たちが失敗したからでは…と、責任を感じた」という。この時の自分たちへ伝えたいことがあるかと尋ねられ、華丸は「やめるなよ」と一言。実は大吉は「やめようと思ったことが多かった」そうで、1年休養していた話を明かす。その時に、あるTOKIOのメンバーが大吉に衝撃を与えたという。

 他にも、他局の収録中の楽屋に番組のカメラが密着した映像や、華丸が優勝した『R-1ぐらんぷり』(2006年2月)の決勝前夜での大げんかのエピソードなど仲良しコンビとして知られる華大の意外な一面が垣間見える。


徳島新聞Webの「エンタメ(オリコン)」は、記事提供会社からの情報を加工せずに掲載しています。このサイトに掲載している記事の品質・内容については、徳島新聞社は保証せず、一切の責任を負いません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。徳島新聞Web上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。記事についてのお問い合わせは提供会社までご連絡ください。