徳島名西署は18日、酒気帯び運転の疑い板野町犬伏、主婦(45)を道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで現行犯逮捕した。調べでは、同日午前4時半ごろ、徳島市庄町1の県道でワゴン車を酒気帯び運転した疑い。

 方向指示器を点滅させたのに車線変更しないなど不自然な運転をしているのをパトロール中の県警自動車警ら隊が見つけて停車させ、酒の臭いに気付き飲酒検知した。