『ダウンタウンDX』“バキ化”第6弾はIKKO(C)板垣恵介(秋田書店)1992『バキ道』 週刊少年チャンピオン連載

 お笑いコンビ・ダウンタウンがMCを務める、読売テレビ・日本テレビ系バラエティー『ダウンタウンDX』(毎週木曜 後10:00)と人気漫画『バキ』シリーズのスペシャルコラボ企画「芸能人バキ化プロジェクト」の第6弾「バキ化芸能人」が、美容家のIKKOに決定。きょう19日放送の同番組内で発表された。

【画像】バキ化で「まぼろし~の剣豪」になったIKKO

 同プロジェクトは、『ダウンタウンDX』という番組を、芸能人が持てるトークの“力”と“技”を真剣にぶつけ合う「話術闘技場(=トークバトル・コロッセオ)」と見立て、番組に出演する様々なゲスト芸能人が、闘技場に君臨する最強の巨人・ダウンタウンの2人にトークの力で闘いに挑んでいく姿を、漫画「バキ」シリーズの世界観で描いていくという企画となっている。

 7月のプロジェクト始動以来、これまで、出川哲朗、丸山桂里奈、ガンバレルーヤ、小峠英二、須田亜香里が「バキ化」を果たしたが、今回はIKKOがバキ化。特徴は「まぼろし~の剣豪」で「究極の美を追い求める美容界最強の剣豪。刀に頼らず、背負い投げを用いることも。『(あなたの求める幸せは)そんだけ?』の一言に、自分自身の生き方を見つめ直す対戦相手も多い」。

 同企画は、次回の7組目で一旦区切りとなり、26日の番組内で発表される予定。


徳島新聞Webの「エンタメ(オリコン)」は、記事提供会社からの情報を加工せずに掲載しています。このサイトに掲載している記事の品質・内容については、徳島新聞社は保証せず、一切の責任を負いません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。徳島新聞Web上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。記事についてのお問い合わせは提供会社までご連絡ください。