前進座公演「ちひろ―私、絵と結婚するの」の一場面(撮影・小林万里)

 絵本作家いわさきちひろの生誕100年を記念した演劇公演「ちひろ―私、絵と結婚するの」が10月1日、徳島市のあわぎんホールで行われる。子どもの幸せと平和を願い絵筆を握り続けたちひろの生き方の原点に迫る物語で、前進座が演じる。

 絵描きとして自立するという熱い思いを持った若きちひろが、小さな新聞社に就職し、師や友を得て、居場所を見つけていく。そんな彼女の前に一人の青年が現れる・・・。敗戦直後の激動の時代を背景に、若者や画家たちの青春群像劇が繰り広げられる。

 原案は、ちひろの長男松本猛さん、演出は日本を代表する鵜山仁さん。ちひろ役は有田佳代さんが演じる。

 午後2時から。全席自由席で一般5千円、25歳以下3千円(当日各500円増)。問い合わせは、前進座「ちひろ」徳島公演を成功させる会事務局の船越さん<電090(8697)8096>前進座<電0422(49)2633>。