朝夕が涼しくなってきました。スポーツの秋ですね。しっかりと汗を流した後はおいしい食事。新米、なると金時、サンマ、ブドウ…。秋と言えば、食欲の秋でもあります。

食欲の秋。食べ過ぎには注意です


 ランニング系の雑誌で、マラソンと体重についての特集を何度か見たことがあります。それによると、体重を1キロ減らすことでタイムが3~5分短縮できるようです。

 なるほど。仮に1キロ減で3分短縮と考えた場合、私は35キロ落とすとサブ2(フルマラソン2時間切り)を達成でき、世界新記録。物思いにふける秋です。
 

朝夕が涼しくなり、走りやすくなった吉野川堤防=徳島市

 今のは極端な話ですが、体重減は手早くタイムを縮めるのに効果的です。もちろん急激なダイエットは禁物。数年前、2週間で5キロほど減らしてハーフマラソンに挑んだところ、逆に体に力が入らなくて撃沈しました。地道にこつこつと減らすのが一番です。

 昔と比べて、規則正しい食生活には取り組んでいます。でも時々寝る前、何か食べたいという衝動に駆られます。我慢しようと布団をかぶるのですが、心の中の“リトル(矢)”がささやきます。「明日走ればいいじゃん。プラスマイナスゼロ、ノープロブレム」

 消費カロリーの前借りです。とは言え、結局は返済できず、貯蓄するはめになることも。やってはいけないことをやってしまうのが、知人から「意識低い系ランナー」と言われる所以かもしれません。
 

注目を集めたマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)

 15日は2020年東京五輪のマラソン代表の座を争う「マラソングランドチャンピオンシップ」(MGC)があり、気持ちが高まった市民ランナーもいるでしょう。いよいよ本格的なマラソンシーズン突入です。でも悪天候だったり、仕事が忙しかったりと、走れない日が続くことはあります。そんなときは読書の秋。練習方法や大会情報など、雑誌・本からも新たな発見があるかもしれません。いろいろな秋を楽しみましょう。(矢)