LDH JAPANが主催する小学生フットサル大会「EXILE CUP 2019」決勝大会が15日、愛媛県今治市の「ありがとうサービス.夢スタジアム」で行われた。EXILE ÜSAさんやE-girls/スダンナユズユリーの武部柚那さん、Happinessの川本璃さん、MABUさんなど、LDH所属アーティストが応援に駆け付けて子ども達にエールを送った。徳島県代表のリベルテSCは9位だった。

 小学4~6年生を対象にした「EXILE CUP」は、子どもたちの夢を応援するためにLDHが社会貢献活動の一環として2010年からスタートさせた。今年で10回目を迎えた大会には、全国から過去最多の579チーム、5017人の子どもたちが参加。決勝大会では全国9地区12会場で行われた予選大会を勝ち抜いた強豪が、日本一の座をかけて白熱した試合を繰り広げた。

 開会式では、大会スペシャルサポーターを務めるÜSAさんが、レベルが高いチームが集結したことに触れ「優勝したい人!」と選手たちを鼓舞。「練習の成果を出し切って悔いのないように」と期待を込めた。また、大会アドバイザーでFC今治のオーナーでもあるサッカー元日本代表監督・岡田武史さんは開会式後の囲み取材で、大会が10年間続いていることやレベルが年々上がっていることを賞賛し「LDHがある限りEXILE CUPは不滅です」と断言した。

 ÜSAさんが考案したエクササイズ「ダンス体操」を出場者ら全員で行った後、予選リーグがスタート。Aブロックでは、香川真司選手が小学生時代に所属していたクラブチーム・センアーノ神戸ジュニアが全勝で1位に、FCヴォルティーダ沖縄ジュニアが4勝1敗で2位に勝ち上がった。Bブロックでは、昨年優勝のディアブロッサ高田FCを破り決勝大会に進出した宝塚CABO夢チャレンジが3勝2分0敗で1位に輝き、フウガドールすみだエッグスが3勝0分2敗で2位となり、決勝トーナメントへと歩を進めた。

 決勝戦は、両ブロック1位同士のセンアーノ神戸ジュニアと宝塚CABO夢チャレンジといったカードに。前半は激しい攻防戦の末、0対0のドロー。後半、センアーノ神戸ジュニアが相手チームの一瞬のすきをついてゴールを決める。流れを掴んだセンアーノ神戸ジュニアは、カウンターで空いたゴールに2点目を押し込み、そのまま優勝を勝ち取って「ヨーロッパ夢者修行」の切符を手にした。なお、3位決定戦はフウガドールすみだエッグスが、FCヴォルティーダ沖縄ジュニアを相手にコーナーキックからのボレーシュートを決め、白星を挙げた。

 決勝戦の後には、ÜSAさんが監督を、ビーチサッカー日本代表監督のラモス瑠偉さんがキャプテンを務め、武部柚那さんや川本璃さん、MABUさんらLDH所属アーティストたちが参加する合同チーム・TEAM OKADAと、決勝トーナメントに出場した子どもたち14人による選抜チームのフレンドリーマッチを開催。試合開始直後にMABUさんが2連続で華麗にシュートを決めて会場を沸かせる。TEAM OKADAの巧みなパス回しにほんろうされる選抜チームだったが、懸命にゴールを狙いに行く姿勢に観客席からも大きな歓声が上がった。ほかにも、ラモス瑠偉さんのユニークなプレイが飛び出すなど会場全体を楽しませながら、和やかに前半戦は2対0で終了。後半戦には選抜チームがカウンターで1点をねじ込むものの、そのまま試合は終わりを告げ、2対1でTEAM OKADAの勝利となった。

 フレンドリーマッチ後の囲み取材でÜSAさんは「夢を持って頑張っている子ども達が本気でボールを追いかける姿や涙、笑顔に心がグッと来ました。これからも子ども達が夢を持てる場を継続して作っていきたいなと思います」と10回目の大会で改めて感じた手応えを述べた。ラモス瑠偉さんは「今年は上手なキーパーが増えた。それを見ているとうれしいね」と子どもたちが日本代表選手として活躍する未来に期待を込めた。ラモス瑠偉さんは閉会式でも有望なキーパーの話題に触れ、宝塚CABO夢チャレンジのキーパーをはじめとしたお墨付きの選手2人に直接ユニフォームを手渡し、夢のバトンをつないだ。

■EXILE CUP 2019決勝大会結果
成績  チーム名(代表地域)
優勝  センアーノ神⼾ジュニア(関⻄⼤会1)
準優勝 宝塚CABO夢チャレンジ (関⻄⼤会2)
3位   フウガドールすみだエッグス(関東⼤会1)
4位   FCヴォルティーダ沖縄ジュニア(九州⼤会2)
5位   JSNサッカークラブ (北海道⼤会)
6位   オオタフットボールクラブ(中国⼤会)
7位   ロアッソ熊本ジュニア(九州⼤会1)
8位   今治市選抜(開催地域枠)
9位   リベルテSC(四国⼤会)
10位   Noedegrati Sanjo FC(北信越⼤会)
11位   ESTRELLAS.FC(東北⼤会)
12位   港南ユナイテッド(関東⼤会2)

■EXILE CUP2019概要
 名称:EXILE CUP 2019 ROAD TO EUROPE〜 決勝大会
 日程:9月 15日(日)
 会場:ありがとう.サービス夢スタジアム *愛媛県今治市高橋ふれあいの丘 16
 決勝大会進出チーム数: 12チーム *内 1チームは開催地域枠
 予選参加チーム:579チーム/ 5017名 (過去最多

■EXILE CUP概要
 ・募集条件 小学校 4年生~ 6年生対象 各地区ごとに応募できる都道府県を設定
 ・参加費:無料
 ・参加チーム数:関東1・ 2、関西 1・ 2、東海大会は 52チーム北海道、東北、北信越、中国、四国、九州 1・ 2大会は 36チーム
 ※応募多数の場合は引き上げも有

 ■予選大会
 1ブロック4チームによる予選リーグ戦を行い、各ブロック1位チームによる決勝トーナメント戦を実施し、優勝チームが決勝大会へ進出する。尚、棄権の場合は次成績のチームが進出する。
 競技時間 予選リーグ、決勝戦: 7分ハーフのランニングタイム(ハーフタイム 2分) 、 決勝トーナメント: 5分ハーフのランニングタイム(ハーフタイム 1分)
 ※リーグ戦における順位決定方法は、勝点合計の多いチームを上位とし、順位を決定。
 ※トーナメント戦における同点の場合は決勝戦は行わず試合終了時に出場していた選手の中から3人で PK戦 (4人目以 降サドンデス )を行い勝敗を決定する。
※決勝戦における同点の場合は、延長戦(3分 1本)の後に試合終了時に出場していた選手の中から3人でPK戦 (4人目以降サドンデス)を行い勝敗を決定 (2019年度改定)

 ■決勝大会
 1ブロック 6チームによる予選リーグ戦を行い、各ブロック上位 2チームが決勝トーナメント進出します。
 競技時間 決勝大会:予選リーグ、順位決定戦 /決勝トーナメント: 5分ハーフのランニングタイム(ハーフタイム 1分)
 決勝戦:7分ハーフのランニングタイム(ハーフタイム 2分)

■大会スペシャルサポーター/ EXILE ÜSA
■大会アドバイザー/岡田武史
■大会アンバサダー/香川真司

■EXILE CUPとは
 株式会社LDH JAPANが 2010年より社会貢献活動の一つとしてスタートした小学校 4年生から 6年生を対象としたフットサル大会。各地区の優勝チームは日本一を決定する決勝大会に進出する。今年で10回目の開催を迎える大会は過去最多の 579チーム、5017人の子どもたちが参加し、10年間で4379チーム、38396人の夢を持った子どもたちが熱い闘いを繰り広げてきた。現在では日本サッカー協会後援事業となり、開催地のサッカー協会をはじめ、Jクラブチームのご協力のもと運営している。