菅原一秀経済産業相が代表を務める自民党支部が2017年の衆院選期間中、内閣府と契約があった造園業者から8万円の献金を受けていたことが20日、分かった。菅原氏側は同日、返還した。「道義的観点から返金した」としている。