中国電力島根原発の防波壁西端にある山の地形や地層を調べる原子力規制委の委員ら=20日、松江市

 原子力規制委員会は20日、中国電力島根原発(松江市)を現地調査した。調査は、同原発2号機の再稼働審査の一環。日本海に面し、残る三方を山に囲まれている同原発の海側は防波壁(総延長1・5キロ、海からの高さ15メートル)を建設済みで、防波壁の東端と西端にある山は津波から原発の重要施設を守る障壁として期待されており、調査ではこれらの山の健全性を確認した。

 中国電はこれまでの審査で、山は想定される地震動に対して十分な安定性があると説明していた。この日は、防波壁西端の山の地層があらわになった場所で、規制委の委員が地層をハンマーでたたくなどして詳しく調べた。