映画『HELLO WORLD』初日舞台あいさつに登壇した(左から)北村匠海、松坂桃李 (C)ORICON NewS inc.

 DISH//の北村匠海、俳優の松坂桃李が20日、都内で行われた映画『HELLO WORLD』初日舞台あいさつに登壇。作品の内容にちなんで、互いの10年後を想像する場面では、北村が松坂に“アニメ監督”デビューを勧めた。

【集合ショット】浜辺美波、福原遥ら豪華女優陣も登場

 ともに、アニメ・漫画好きとあって、冒頭から波長の合うトークを展開していった2人。北村が「松坂さんとゲーム、アニメ、漫画の話をさせていただくことが多いんですけど、10年後にはぜひアニメーションの監督にチャレンジしてほしい」と熱望。松坂は「ハードルが高いな。10年かぁー」と頭を抱えながらも、今作のメガホンをとった伊藤智彦監督に対して「その時は協力いただけますか?」と笑顔で呼びかけた。

 北村が「縄文時代にタイムスリップしたい」と話していたことを受けて、松坂が「その妄想もかなえたいというのもあるので『ギャートルズ』とか『ジャングルの王者ターちゃん』といった、そういう時代のものをテーマにしたいですね」とニヤリ。「ターちゃんのような、ほとんど全裸の役(の声優)をやってもらうことになるけど大丈夫?」とオファーすると、北村は「やります」と即答していた。

 同映画は、細田守監督の『サマーウォーズ』『時をかける少女』で助監督を務め、『劇場版ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』を監督した伊藤智彦監督の最新作。京都に暮らす内気な男子高校生・直実(北村)の前に、10年後の未来からきた自分を名乗る青年・ナオミが現れ、事故によって命を落としてしまう同級生の一行瑠璃を助けてほしいと頼む、SF青春ラブストーリーとなっている。

 舞台あいさつにはそのほか、浜辺美波、福原遥も登壇した。


徳島新聞Webの「エンタメ(オリコン)」は、記事提供会社からの情報を加工せずに掲載しています。このサイトに掲載している記事の品質・内容については、徳島新聞社は保証せず、一切の責任を負いません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。徳島新聞Web上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。記事についてのお問い合わせは提供会社までご連絡ください。