鷲尾伶菜

 LDHの5人組女性ダンス&ボーカルグループのFlowerが、今月いっぱいで解散することが20日、所属事務所から発表された。メンバーの中島美央(25)が、Jリーグ・J2町田ゼルビアの富樫敬真選手(26)との結婚&妊娠のため年内で芸能界引退、ほかの4人は活動を継続する。

【ジャケ写】最後のシングル、まるで芸術のよう…赤のドレスに包まれたFlower

 ボーカルの鷲尾伶菜(25)は、中島の結婚を祝福し、「自分自身が考えていたビジョンと照らし合わせ、この先はE-girlsのボーカルとしての活動を中心に頑張っていき、それとは別にFlowerで培った表現力を活かしてE-girlsの私とは一味違う私を表現するべく、ソロ活動という新たな目標に向けて頑張ります」とコメントを発表した。

◆鷲尾伶菜コメント全文
いつも温かい応援ありがとうございます。

皆様にFlowerからご報告がございます。

スタッフの皆さんを含め、メンバー全員で何度も話し合いを重ねた結果、この度Flowerはグループとしての活動に終止符を打ち、それぞれの道へ進むことになりました。

突然のご報告で皆様を驚かせてしまったかと思います。

Flowerの今後の形や在り方、そしてそれぞれの人生についてメンバー全員で改めて考えていた時に中島美央の結婚報告を受け、嬉しい報告とともにそれぞれの道にみんなが進み始めるきっかけをいただくことができました。

自分自身が考えていたビジョンと照らし合わせ、この先はE-girlsのボーカルとしての活動を中心に頑張っていき、それとは別にFlowerで培った表現力を活かしてE-girlsの私とは一味違う私を表現するべく、ソロ活動という新たな目標に向けて頑張ります。

Flowerとして表現してきたもの全てが、きっとメンバーそれぞれの人生にとって
財産になっているはずですし、今後の活力となり勇気となり、きっといい方向へと導いてくれる経験になっていると思います。

Flowerで作り上げた曲や世界観を、後悔なく精一杯表現することができて本当に幸せでした。

私のアーティスト人生をFlowerという素晴らしいグループでスタートできたこと、Flowerのメンバーみんなに出会えたこと、沢山のファンの皆さんに恵まれたことを誇りに思います。

いくつもの危機を乗り越え、スタッフの皆さん、ファンの皆さんに支えられてここまでくることができたFlowerですが、これからはそれぞれの道で夢を叶え、恩返ししていけるように頑張りたいと思っておりますので、引き続き宜しくお願い致します。

改めてみおちん、おめでとう。
幸せになってね。
そしてまたいつかメンバーのことを想って曲を作るので、その時はメンバーに一番に聴かせたいです。

Flower
鷲尾伶菜


徳島新聞Webの「エンタメ(オリコン)」は、記事提供会社からの情報を加工せずに掲載しています。このサイトに掲載している記事の品質・内容については、徳島新聞社は保証せず、一切の責任を負いません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。徳島新聞Web上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。記事についてのお問い合わせは提供会社までご連絡ください。