徳島地裁は20日、板野町大寺、無職の被告(30)に住居侵入と窃盗の罪で懲役1年10月(求刑同3年)言い渡した。

 昨年10月7日早朝、板野町吹田の民家に侵入し、デジタルビデオレコーダー1台(時価約2万円相当)を盗んだ。9月22日には板野町大寺の民家で下着など4点(計約2100円)、11月5日には鳴門市大麻町桧の民家で下着2枚(計600円)をそれぞれ盗んだ。