土曜ドラマ『ボイス 110緊急指令室』をクランクアップさせた伊勢谷友介と唐沢寿明 (C)日本テレビ

 俳優の唐沢寿明と伊勢谷友介が21日放送の日本テレビ系連続ドラマ『ボイス 110緊急指令室』(毎週土曜 後10:00)の最終回を前にこのほどクランクアップを果たした。主人公の樋口彰吾を演じる唐沢と黒幕である“カチカチ野郎”本郷雫役の伊勢谷は最後の撮影を終え、“血まみれ”になりながらも笑顔で記念撮影した。

【写真】黒幕“カチカチ野郎”の正体は伊勢谷友介

 同ドラマは妻を殺された敏腕刑事・樋口と父を殺された声紋分析官・ひかり(真木よう子)が110番・緊急指令室を舞台に、生きたいと願う「声」を手掛かりに事件を解決していくタイムリミットサスペンス。最終話では3年前の事件に決着をつけるべく、ついに樋口、ひかりと本郷雫が対峙する。

 共演者、スタッフ一同の拍手と笑顔に包まれ、盛大なラストを迎えた唐沢は「重めな内容のドラマでしたので、1シーン1シーンが大変な撮影でしたが、素晴らしいスタッフに囲まれて無事クランクアップを迎える事ができました。最近ではなかなか見ない、挑戦的なドラマでしたが、参加出来た事をうれしく思っています」と達成感をにじませ、「是非また一緒にお仕事しましょう! ありがとうございました!」とあいさつ。

 強烈キャラを演じきった伊勢谷も「はじめお話をいただいた時は、『(雫は)なんてイカれた野郎だ…」と思ったのですが、唐沢さんが「(僕に)合ってる」とおっしゃていたと聞いて、うれしいような、悲しいような複雑な気持ちを抱きながら撮影に臨んでいました(笑)」と笑わせつつ「それでも本当にあっと間に時間が過ぎてしまう、不思議な現場でした。是非またどこかご一緒できたらうれしいです!」と呼びかけていた。


徳島新聞Webの「エンタメ(オリコン)」は、記事提供会社からの情報を加工せずに掲載しています。このサイトに掲載している記事の品質・内容については、徳島新聞社は保証せず、一切の責任を負いません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。徳島新聞Web上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。記事についてのお問い合わせは提供会社までご連絡ください。