どぶろっく (C)ORICON NewS inc.

 “コント芸日本一”を決める『キングオブコント(KOC)2019』決勝戦が21日、東京・赤坂のTBSで行われ、コンビ結成16年目のどぶろっくが12代目キングの栄光に輝き、優勝賞金1000万円を獲得した。

【写真】KOCのトロフィーをもってガッツポーズのどぶろっく

 どぶろっくはギターを持って歌う森慎太郎(40)と、帽子被ったコーラスの江口直人(41)からなる歌ネタを中心としたコンビ。「もしかしてだけど~」で始まる下ネタで大きな人気を集めた。この日も1stステージ、2ndステージともに歌に合わせた下ネタを披露。1stステージで断トツの480点をたたき出すと、その勢いのまま2ndステージも455点を獲得。新星のうるとらブギーズの追撃を振り切って栄冠をゲットした。

 優勝が決まった瞬間、江口は「ヤバい…」と男泣き。森も「自分たちのスタイルをやったら評価された。幸せです!」と喜びをかみしめた。審査委員長を務めたダウンタウンの松本人志は「1stステージの貯金が最後まで効いた。見事だったと思います」と評価。浜田雅功から泣いているところをイジられた江口は「涙じゃないです」と強がっていた。

 番組が終了する際に江口「夢じゃないよね?」と一言。ただ、時間を余してしまい森は「ごめんなさい!」と謝罪して笑いを巻き起こした。

 前回大会に引き続いて、ファイナリスト10組を決勝当日の生放送で随時発表。総エントリー数は2413組で、うるとらブギーズ、ネルソンズ、空気階段、ビスケットブラザーズ、ジャルジャル、どぶろっく、かが屋、GAG、ゾフィー、わらふぢなるおが決勝進出を決めた。

 進行は女優の葵わかなとダウンタウンの浜田雅功が担当。審査員の松本人志、さまぁ~ず、バナナマンが、1人100点の500点満点で採点。上位3組のどぶろっく、うるとらブギーズ、ジャルジャル(GAGと同点だったため、審査員による決選投票で決定)がファイナルステージに進み、審査員5人が出す合計点の高さで優勝を争った。

 同大会は2008年から毎年行われ、今年で12回目。プロアマ問わず、芸歴制限なく出場可能で、歴代キングはバッファロー吾郎、東京03、キングオブコメディ、ロバート、バイきんぐ、かもめんたる、シソンヌ、コロコロチキチキペッパーズ、ライス、かまいたち、ハナコが名を連ねている。

■『キングオブコント2019』ファイナルステージ順位
1位どぶろっく 935点(1st480点 ファイナル455点)
2位うるとらブギーズ 925点(1st:462点 ファイナル:463点)
3位ジャルジャル 905点(1st457点 ファイナル448点)


徳島新聞Webの「エンタメ(オリコン)」は、記事提供会社からの情報を加工せずに掲載しています。このサイトに掲載している記事の品質・内容については、徳島新聞社は保証せず、一切の責任を負いません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。徳島新聞Web上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。記事についてのお問い合わせは提供会社までご連絡ください。