鳴門警察署

 21日午後8時15分ごろ、鳴門市撫養町木津の県道を歩いて横断していた同市大津町、乾物店経営の男性(74)が、同市撫養町、女性アルバイト店員(21)の軽乗用車にはねられた。男性は全身を強く打ち、徳島市内の病院に運ばれたが、約3時間後、出血性ショックで死亡した。

 鳴門署によると、現場は見通しのいい直線道路。横断歩道や信号はなかった。東に向かっていた女性アルバイト店員の車が、南から横断していた男性に衝突した。男性は散歩中だったという。署は詳しい事故原因を調べている。