NPO法人ワーカーズコープ西山地域福祉事業所・西山そらの学校は28、29の両日、東日本大震災の被災地で働く人に焦点を当てたドキュメンタリー映画の上映会を、三好市池田町シンマチの市保健センターで開く。

 映画は「Workers 被災地に起つ」(89分)で、県内での上映は初めて。被災地の復興や問題解決のため、福祉事業などで奮闘する人の姿を22カ月間にわたって記録している。地域住民や利用者、働き手の垣根を越えて、社会のあり方を模索する人たちを通じて、働き方について考えてもらおうと企画した。

 上映は午前10時半からと午後1時半からの1日2回。上映後には藤田徹・作品プロデューサーと黒川征一市長の対談などもある。チケットは1枚千円で、高校生以下は無料。10月18、19両日には徳島市内でも上映会が開かれる。

 問い合わせは西山そらの学校<電0883(72)6761>。