小松島高校時代と、徳島インディゴソックス時代の増田

 5年ぶりにプロ野球のセリーグを制した巨人。優勝を決めた試合で、決勝タイムリーを放ったのが、増田大輝選手だ。一度は野球をやめながら、独立リーグを経て夢の舞台にたどりついた。徳島市出身。野球に打ち込んだのも、諦めていた野球を再開させたのも、徳島の地だった。

 増田の名前が野球選手として徳島新聞に登場するのは、小学生の頃だ。地元の渋野少年野球クラブ(徳島市)に所属し、県内最大の大会でもある「こども野球のつどい」で準優勝。3番ショートの中心選手として活躍している。この時のチームでエースを務めていたのが、後に大阪桐蔭高や早稲田大で活躍する河原右京(トヨタ自動車)だ。この大会からは、池田高校時代に甲子園で夏春連覇を達成し、巨人で活躍した水野雄仁さんや、徳島商高出身で中日のエースからメジャーリーガーとなった川上憲伸さんらも育っている。

 南部中学校(徳島市)から小松島高校(小松島市)に進学した増田は、1年の夏からスタメン入り。1年秋には一番ショートとして県大会の優勝に導き、四国大会に出場している。2年夏は県大会準優勝。3年夏はエースナンバーを背負い、準決勝で敗れるまで4試合を投げ抜いた。3年間で一度も甲子園出場はならなかったものの、県内では注目された選手だった。当時の徳島新聞では「徳島を代表する打者の一人」として紹介され、変化球に対応できる柔軟性や飛距離が評価されている。

 野球人生の歯車が狂い始めたのが、この後だ。進学した近大では体育会独特の雰囲気になじめず、2年時に中退。その後、古里に戻り、とび職に就く。野球は草野球を楽しむ程度になり、その姿を見た小松島高野球部時代のコーチや周囲の親しい人から声を掛けられる。「ここでくすぶっていてはもったいない。上を目指せ」

 一念発起した増田は、2013年秋に四国アイランドリーグのトライアウトに挑戦。2次テストを免除される特別合格を果たす。そしてシーズン2年目の終了後、巨人から育成ドラフトで指名された。

 1年目のシーズンオフには結婚している。2年目は、「この1年間、死に物狂いでやって駄目だったら(野球を)やめる」との覚悟で臨んでいた。ドラフトに指名されていなければ、やめていたのかもしれない。
 
 ドラフト指名後には、こう語っている。「徳島に独立リーグ球団があったおかげ。自分を一から鍛え直すことができた」。一度は諦めかけていた夢をつないだのは、地元・徳島にあった徳島インディゴソックスだった。

 育成ドラフトで指名された後も地道に練習を重ね、翌年、支配下登録される。今年4月、念願の1軍に昇格し、デビューを果たした。

 妻と子どもを徳島に残して、単身赴任生活を送っていることでも知られる。8月の阪神戦でヒーローインタビューのお立ち台に立った時には、「パパやりましたー」と、徳島の家族に向かって声を弾ませた。妻は徳島新聞の取材に「家族のことを心配せず、24時間、野球に打ち込んでほしい。クビになってもいいから、思い切ってプレーをしてもらいたい」と話し、会社勤めを続けながら遠回りの野球人生を支える。

 巨人が優勝を決めた翌日の徳島新聞朝刊1面には、「巨人5年ぶりリーグV 増田大が決勝打」の見出しが躍った。小学生だった増田大が徳島新聞に載ったのは2005年。それから14年。吉野川の河川敷でボールを追い掛けていた野球少年は、日本中が注目する大一番で大きな仕事をやってのけた。まだまだ挑戦は続く。これからも、どんな見出しを飾ってくれるのか楽しみにしたい。