長い歴史を持つ水墨画には独特の趣がある。墨の動きは重要な要素で、見る者に自由な解釈の余地を残すという。 東京・北青山のギャラリーで7月、個展「水墨渾然」を開いた。

徳島新聞IDへの会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞ID(会員登録=無料)が必要です。