フランス・パリで開かれていた日本文化を紹介する「襖からくりと阿波人形浄瑠璃―日本の伝統と先端技術」の最終日となる24日、勝浦町の阿波人形浄瑠璃「勝浦座」がパリ日本文化会館で「えびす舞」などを披露した。

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞電子版(有料)への登録が必要です。