徳島県出身のシンガー・ソングライター米津玄師さんが来年2月から10都市で開催する自身最大規模の全国アリーナツアー「米津玄師 2020 TOUR / HYPE」。最新シングル「馬と鹿」のCD初回限定盤に封入されているシリアルコードを使ったチケット最速先行抽選販売の当落発表が26日正午に行われましたが、皆さん結果はどうだったでしょうか? 記者は残念ながら落選してしまいました。

 実は2月に「ずとまよ。」と美波さんのライブに落選して以降、申し込んだライブ・演劇12件全てで1次当選という一生分の運を使い果たすほどの幸運に恵まれて、来年2月開催の演劇までは当選していましたので、「HYPE」も当選するという根拠のない自信があったのですが、東京五輪のチケットは2回とも落選でしたし、ちょうど1年分で運を使い果たしたのかもしれません。2月の和歌山公演なら当選していたんでしょうか…。

 当初は家族4人で申し込む予定だったのですが、諸般の事情で親子2人だけしか行けなくなり、その分、当選確率が上がるのでは、などという淡い期待もあったのですが、1口だけの申し込みでしたし、昨年以上に米津さんの人気が高まっている現状からすれば妥当な結果なのだと思います。もちろん、1口だけで当選されたラッキーな方もいらっしゃるでしょう。当選された皆さん、楽しんできてください。

 ただ、落選しても仕方ないな、という中途半端な気持ちで申し込んでいたとはいえ、実際に落選するとやはり悔しいものですね。落選された皆さん、体の奥底で響いていませんか? 「生き足りない」と。どこかから尋ねる言葉が聞こえてきませんか? 「終わるにはまだ早いだろう」と。この気持ちが愛じゃなければ何と呼ぶのか、記者は知りません! ということで、オフィシャル先行に申し込むことにしました。

 オフィシャル先行が駄目でも、一般販売があるじゃないですか! 一般販売が駄目でも、公式トレードがありますよ! 今回は残念ながら涙をのんだ皆さんも、必ず当選すると信じて最後まで諦めずに申し込み続けましょう! 誰にも奪えない魂を持っているんです!! オフィシャル先行の受付期間は11月1日(金)12:00 〜 11月13日(水) 23:59までですから、まだ1カ月以上先ですね。待ちきれません…。(R)