徳島県警は26日、阿南市の80代女性が特殊詐欺でキャッシュカード3枚を盗まれ、少なくとも現金50万円を引き出される被害に遭ったと発表した。

 捜査2課によると、25日午前10時半ごろ、女性宅に警察官を装った男から「あなたのキャッシュカードが東京で不正に使われている」などと電話があり、女性は預金額などを教えた。

 昼すぎに女性宅を訪れた別の男に「キャッシュカードを確認したい」と言われ、3枚を渡した。女性が目を離した隙にカードを取られ、「大切に保管してください」とカード状の板が入った封筒を渡された。その後、県南部の金融機関の現金自動預払機(ATM)で50万円を引き出されたという。

 阿南市では25日、阿南署員などを名乗る人物から「詐欺グループを捕まえた。被害に遭っていないか確認したい」と、預金額などを聞く不審電話が22件あった。他に被害は確認されていない。