日航と全日空は26日、天皇陛下即位の中心儀式「即位礼正殿の儀」が催される10月22日前後に羽田空港発着便の一部を欠航させると発表した。羽田を利用する外国要人の特別機の影響で、定期便に遅れが出るのを最小限にするのが目的。国際線の欠航はない。

 日航と全日空によると、欠航が出るのは10月21、24の2日間。両社とも計36便が欠航する。既に予約していた利用者には、別便への振り替えを依頼している。
 
 徳島阿波おどり空港発着の便で欠航となるのは日航の4便。21、24の両日とも午後3時半東京発と同5時半徳島発が欠航する。