今夏生まれたアカウミガメの子ガメ=美波町日和佐浦の日和佐うみがめ博物館カレッタ

 美波町日和佐浦の日和佐うみがめ博物館カレッタが、今夏生まれたアカウミガメ15匹を公開している。

 7月に町内の田井ノ浜で産卵され、19日にカレッタの人工孵化場で誕生した。体長約5センチ、体重約20グラム。カレッタ1階にある長さ1・8メートルの特設水槽の中で餌を食べたり、泳ぎ回ったりしている。ふ化から1年と2年のカメも展示しており、違いを見比べられる。

 8月に屋久島うみがめ館(鹿児島県)でふ化したアオウミガメ10匹も展示している。カレッタでは、国天然記念物に指定されている大浜海岸(日和佐浦)で生まれたアカウミガメは飼育できないため、他の海岸や施設で生まれた個体を提供してもらうなどしている。