ラフティングに親しんでもらう第11回大歩危リバーフェスティバル(ORF、実行委主催)が5、6日に三好市の吉野川で開かれる。

 5日は池田ダム湖でゲートを順番にくぐり抜けるスラロームのほか、スタンド・アップ・パドルボード(SUP)のレースがある。6日は大歩危・小歩危周辺で短距離のクロスや長距離のダウンリバーが行われる。

 参加できるのは小学生以上で、ダウンリバーのみ高校生以上。15歳未満は保護者同伴。初心者でも参加できるよう、競技前に講習会がある。

 三好市は2021年に開催される生涯スポーツの国際大会・ワールドマスターズゲームズ(WMG)のオープン競技・ラフティング会場となっている。WMGへの参加に向けて腕を磨いてもらおうと、フェスの正式名を「ワールドマスターズゲームズ2021関西 ORF11」とした。

 問い合わせは、まるごと三好観光戦略課<電0883(72)7620>。