東京電力福島第1原発の廃炉に携わっている松村重機建設(徳島市入田町)が、遠隔操作で高さ120メートルの排気筒を解体する工事に取り掛かっている。東京電力によると、遠隔操作による解体は世界初の工法。

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞電子版(有料)への登録が必要です。