上田理事長から盲導犬ウーゴのハーネスを受け取る平田さん(左)=徳島市沖浜東1の徳島の盲導犬を育てる会事務局

 徳島の盲導犬を育てる会は2日、徳島市の平田壽美子さん(72)に盲導犬を貸与した。

 貸し出されたのは雌2歳のラブラドルレトリバー「ウーゴ」。平田さんは5月、大阪府内の盲導犬訓練所でウーゴと一緒に道路横断などの練習をした。

 徳島市沖浜東1の育てる会事務局で貸与式があった。上田美治理事長からハーネスを受け取った平田さんは「ウーゴといろいろな体験をしたい」と話した。貸与期間は10年。

 ウーゴは平田さんの3匹目のパートナー。2匹目の盲導犬メリーは奈良県の一般家庭に引き取られた。

 育てる会はこの日、視覚障害者らでつくる阿波踊り連「ハーネス連」に鳴り物などで協力している徳島文理大学連に、感謝状を贈った。