ピンクや赤の花を咲かせた赤ソバ

「令和元年」の文字をかたどって植えられている赤ソバ=美馬市美馬町立見山

 美馬市美馬町重清北地区の休耕地(約15アール)で赤ソバが花を咲かせ、直径約5ミリのピンクや赤のかれんな花が見頃を迎えている。

 「高嶺ルビー」という品種で、地元の農家グループ「百笑一起の会」が地域活性化を目的に4年ほど前から栽培している。今年は8月下旬ごろ、「令和元年」の文字をかたどるように種をまいた。近くの道路から見下ろすと、文字が見られる。

 10月下旬~11月上旬に収穫。脱穀などを行い、そば粉にする。会が運営する産直市「太陽マーケット」の食堂で来年2月、このそば粉を使った手打ちそばを提供する予定。問い合わせは会員の逢坂和幸さん<電090(4789)9169>。