NIEに関する書籍を集めた特別展=鳴門教育大付属図書館

 教育の場で新聞を活用するNIEをテーマにした特別展が、鳴門市の鳴門教育大付属図書館で開かれている。11月29日まで。

 新聞記事を教材にして子どもの学力を伸ばす手法や学級新聞の見せ方などを紹介した書籍54冊を展示。時代を映す報道写真集や、マスメディアの在り方を論じる著書も並ぶ。

 NIEの先駆者とされる国語教師大村はまさん(1906~2005年)の授業を紹介するコーナーもあり、各紙の記事を比べて言葉への興味を引き出す学習方法などをパネルで紹介している。

 鳴門教育大では今月19、20の両日、日本NIE学会の第16回大会が開かれる。期間中、大村さんの生徒が取り組んだ学習記録集も公開する。