邪馬壹国が阿波にあったと紹介する書籍を出版した永井会長=北島町中村

 県内の古代史研究者らでつくる「やまと研究会」(北島町)が「邪馬壹国は阿波から始まる」(A5判、270ページ)を1200冊出版した。邪馬台国は邪馬壹国であるとし、歴史資料や阿南市の国史跡・若杉山辰砂採掘遺跡での調査結果を根拠に「邪馬壹国阿波説」を展開している。

 研究会の三村隆範さん(72)=阿南市宝田町、土佐野治茂さん(64)=同市上中町、永井英彰さん(82)=北島町中村=の3人が執筆した。

 中国の歴史書「魏志倭人伝」には「邪馬台国」ではなく「邪馬壹国」と記され、読み方も当時の日本列島にあった倭国と同じ「やまとこく」であると説明。記述内容から位置を検証し、邪馬壹国は阿波にあったと主張する。

 その上で、邪馬壹国の記述箇所に「其山有丹(朱を産出する山あり)」の一文があると紹介。卑弥呼が中国王朝に朱を献上していたほか、赤色顔料「水銀朱」の原料である辰砂を採掘する弥生時代後期の坑道が昨年、若杉山辰砂採掘遺跡で見つかった点を「阿波説」の根拠に挙げた。

 県内の書店やインターネット通販大手アマゾンで販売している。