徳島県警組織犯罪対策課と三好署は3日、覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで、三好市池田町州津、無職の男(48)を逮捕した。

 逮捕容疑は、8月下旬から9月6日までの間、覚醒剤を自己使用したとしている。

 9月6日に自宅で内縁の妻を暴行した疑いで現行犯逮捕。暴行の被害届は取り下げられたが、尿検査で覚醒剤の使用が判明した。