[磯]<大島>23日、上り潮で水温16・6度。各ポイントでグレの活性が高くほとんどの釣り人に釣果があった。グレは佐本回りの一番で30~36・5センチを16匹。裏回りのオハナで30~35・5センチを7匹と52・5センチのマダイ1匹。オハナ地で30~33センチを6匹と35センチのアイゴ1匹。本場回りの川村バエで40センチのイシダイ1匹。沖冨士では型は未確認ながらグレを31匹。

 <津島>23日、速い上り潮で水温16・6度。グレは大バエ東で30~47センチを7匹。チョウセンは船付で31~34センチを12匹。西で31~41センチを同数。一番は船付で32~42センチを26匹。東で30~38センチを11匹。ワレはスベリで30~39センチを30匹。西で33~38センチを6匹。ウノクソでは型は未確認ながらグレを20匹。

 <高知・甲浦>23日、水温16・8~17度。晴れで波は穏やかだった。30センチ以上のグレはミツバエ中で30~38センチを6匹。エボシで31、33センチを2匹と33センチのアイゴ1匹。ヒナダンで30~32センチを3匹。クジラオクではアジを餌に62・5センチのヒラメ1匹。

 [波止]<牟岐港>22日、8時から約5時間、沖アミをマキ餌にサシ餌には沖アミと市販のネリ餌を併用。ハリス1~1・2号、グレバリ5号を使用したフカセ釣りで35~52センチのチヌ4匹と26センチのグレ2匹、ハリス切れでバラシ2回。

 <木岐港>23日、7時から約4時間、沖アミを餌にフカセ釣りで35センチのチヌ1匹と22~26センチのガガネ5匹。

 [ルアー]<椿泊湾>22日、日没後の約1時間半、ザリガニ型ワームのジグヘッドリグで18~25センチのガガネ6匹と42センチのチヌ1匹。付近で別の人が3センチのシンキングミノウで20、24センチのメバル2匹。

 <大松川>23日、早朝約2時間、10グラムのスピナーベイトとストレートワームのテキサスリグを併用して42、46センチのブラックバス2匹。(県釣連盟報道部)