拾ったクリを生徒に確認してもらう園児=東みよし町昼間の池田高校三好校敷地農場

 池田高校三好校の敷地農場(東みよし町昼間)で、加茂幼稚園(同町加茂)の5、6歳園児27人がクリ拾いを楽しんだ。

 麻木酉亮教諭(52)がイガを足で踏みつけて実を取り出すよう指導。食農科学科の2、3年生9人が付き添い、園児は実を傷つけないよう慎重に取り出した。クリの木26本から約20キロを収穫。一部は児童が持ち帰り、残りは農場で販売する。

 平賀愛理ちゃん(5)は「上手に取れて楽しかった。クリご飯にして食べたい」と喜んだ。同校は授業の一環で毎年園児を招待している。