石井町高川原の民家の庭で季節外れのモモの花が咲き、住人を驚かせている。台風などの影響で落葉し、花芽の成長が促されたとみられる。

 高さ約5メートルのモモの木は、仁木美貴子さん(52)宅の庭に1998年から植えられている。9月下旬から枝の先にピンクの花を60輪ほど咲かせ、つぼみも多数付けている。仁木さんは「この時季に咲くのは初めて。びっくりした」と話した。

 県立博物館によると、花芽は夏に形成され、通常は葉が開花を抑制して春まで咲かない。台風などで葉が散り、春先と同じ気温になると、開花するケースがあるという。