県庁前で計画の白紙撤回を求める住民ら=1976年(住民提供)

 福井県高浜町にある原子力発電所を巡り、高浜町の元助役から関西電力の幹部に高額の金品が渡っている問題が、大きな波紋を広げている。東日本大震災で在り方がクローズアップされた原発が再び注目を集めている。そんな中、かつて原発計画を断念させた地域があることを知っているだろうか。阿南市の南部にある椿町だ。話は今から40年以上前にさかのぼる。

 計画が表面化したのは、1976年6月9日。徳島市内で開かれた記者会見で、四国電力社長が愛媛県伊方町の伊方原発に続く四国第2の建設場所として椿町尻杭地区周辺を検討していることを発表した。蒲生田岬から西方約2キロに250万平方メートルの用地を確保し、原子炉2基を建設する内容。6日後には知事と阿南市長に環境調査への協力を依頼し、立地に向けて動き出した。

 尻杭地区を含む椿町周辺は豊かな漁場である紀伊水道に近く、竹林や棚田も広がり、漁業や農業が盛んな土地。住民たちは直ちに「原子力発電所建設を阻止する椿町民の会」を結成した。推進派が「原発交付金で潤う」「道が広がり、便利になる」と切り崩してきたが、古里を守りたい一心で断固として受け付けなかった。

 2018年1月1日付の徳島新聞に掲載されている「徳島の記憶遺産」では、1枚の写真が掲載されている。1976年12月13日に、県庁前で行われた抗議行動だ。集まった数は3千人。頭にははちまきをして、大漁旗や労働組合の旗を掲げて乗り込んだ。周辺の椿泊、福井両町に加え、海部郡の住民とも協力。バスを貸し切って県庁や市役所に繰り返し出向き「事故は必ず起きる。分からないのは『いつ』『どこで』だけだ」と訴えた。

 「町民の会」の青年部事務局長だった男性はこう語っている。「自分たちの生活はもちろん、子や孫に先祖が残してくれた土地や海を引き継がないかんという気持ちで必死だった」。

 全国でも反原発の動きが強まり、同年6月に阿南市長が「白紙」を宣言。四国電力側が受け入れ、3年に及んだ立地問題は終息した。

 東日本大震災発生後の2013年には、原発問題を考えてもらおうと、蒲生田原発の反対運動などを題材にしたドキュメンタリー映画「シロウオ~原発立地を断念させた町」が作られ、17年には続編も完成した。タイトルのシロウオは、地元の椿川を流れる特産物である。

 現地では、当時をうかがわせるものはほとんど残っていない。運動にかかわった住民も高齢化している。昭和の時代、全国の過疎地が原発誘致に踏み切る中、数少ない計画を断念させた阿南市椿町の住民たち。原発政策が揺れる今、語り継ぎたい徳島の史実である。(卓)