講演する石破自民党元幹事長=徳島市の徳島グランヴィリオホテル

 自民党の石破茂元幹事長は5日、徳島市の徳島グランヴィリオホテルで講演し、安倍晋三首相が7月に消費税の10%超への増税について「今後10年間ぐらいは必要ない」と発言したことに対し、「どうやって上げないのか具体策を示さないといけない」と注文を付けた。

 石破氏は今後、人口減少が加速すると指摘。「20年先に介護にかかるお金は2・4倍、医療にかかるのは1・7倍になる。人口はそのころ、1500万人減っていてどうやって社会を支えるのか」と述べ、社会保障制度を維持するための具体的な財源確保策を示すよう求めた。

 日韓関係の悪化については、日韓併合や創氏改名などの歴史に触れ、「日本が占領され『きょうから君はスミスさん』と言われたらどう思うか」と強調。北朝鮮や中国、ロシアの動向を念頭に「好きとか嫌いを乗り越えなければならないことが政治にはある」と関係改善を求めた。

 石破氏は福山守衆院議員(比例四国)の政治資金パーティーに出席するために来県した。