写真を拡大 後半38分、徳島のMF岩尾⑧が同点ゴールを決め、喜ぶイレブン=宇都宮市の栃木県グリーンスタジアム

 明治安田J2第35節最終日は6日、栃木県グリーンスタジアムなどで行われ、徳島ヴォルティスは1-1で栃木と引き分けた。通算成績を15勝10分け10敗の勝ち点55とし、順位を9位に落とした。

 前半、徳島はパスをつないでサイドから形をつくろうとしたものの、ゴール前に割って入れずシュートに至らない。41分、栃木のヘニキにシュートのこぼれ球を詰められ先制を許した。後半、徳島は前線に人数をかけて攻め込み、38分、CKからのこぼれ球を岩尾が押し込んで同点に追い付いた。

 次節の徳島は13日午後2時から、鳴門ポカリスエットスタジアムで8位の岡山と対戦する。

徳島 1ー1 栃木
  前0ー1
      後1ー0

【得点者】栃木=ヘニキ(前半41分)徳島=岩尾憲(後半38分)