みっとしーさんのお笑いライブを聞く来場者=小松島市中田町の金長神社

 解体計画が持ち上がっている小松島市の金長神社の保存について考えてもらおうと、同市の住民グループ「金長神社を守る会」が6日、中田町の金長大明神(金長神社)で初めて秋祭りを開き、市内外から約300人の家族連れらが訪れた。

 会場に設けたステージで服部宏昭会長(64)が「解体の危機にある金長神社について住民が考えるきっかけにしてほしい」とあいさつ。小松島市出身の県住みます芸人、みっとしーさん(34)=吉本興業=によるお笑いライブがあったほか、和紙にトンボの絵を描いた限定の御朱印が販売された。

 西岡チエ子さん(75)=中田町東山=は「県外からも多くの人が訪れており、地域になくてはならない神社だと思う」と話した。

 金長神社は日峯大神子広域公園にあり、市の再整備事業に伴い解体が計画されている。守る会は、神社の存続に向けて市民らの関心を高めていこうと、祭りを企画した。