[潮入り川]<吉野川>6日、河口から名田橋までを会場に、第37回ファミリーハゼ釣り大会が開かれた。釣り教室の参加者10人を含む214人が参加。受付前から降りだした雨がやむと、北西の風が次第に強くなり、場所によっては釣りづらかった。10匹までの重量を競い、20センチ前後をそろえて計量した人もいた。上位入賞者は次の皆さん(数字は重量で単位はグラム)▽ファミリーの部<1>安部來実(松茂町)360<2>吉田芽生(北島町)355<3>高田育(藍住町)350▽一般の部<1>濱口勝仁(佐那河内村)335<2>古川守(徳島市)295<3>米田聖(同)290▽女性・少年の部<1>坂東歩(同)370<2>安原菜舞(石井町)330<3>近藤まゆみ(徳島市)305

 [磯]<福村>6日、北の風で波も少々あった。水温23・3度。20~28センチのグレの食いが好調。中津島の黒岩東で1匹と28~33センチのアイゴ6匹。胴で6匹と20~26センチのマダイ7匹。港近くの大岩から高飛に替わった人が5匹と30~36センチのアイゴ6匹、23~27センチのアジ7匹。二階から黒岩西に替わった人が8匹と30~31センチのアイゴ3匹、35センチのチヌ1匹。上総東で7匹と29~35センチのアイゴ4匹。

 <中林>6日、9時すぎから北東の風が強くなった。23~27センチのグレの食いが活発。エンバエ西で15匹と30、35センチのチヌ、30センチのアイゴを各2匹。西の胴で8匹と30センチのアイゴ2匹、同型のチヌ1匹。東の胴で30、35センチのチヌ2匹と30~35センチのマダイ6匹。中ス胴で13匹と23~25センチのマダイ5匹。ワラベ石の東で7匹と25、35センチのチヌ2匹。トウフで勝浦町の河野洋一さんが10匹と28~37センチのチヌ6匹、30~35センチのアイゴ3匹。高崎で25匹と30センチのアイゴ2匹。別の人が15匹と30センチのチヌ1匹、30センチのアイゴ3匹。

 [波止]<小松島港沖ノ一文字>6日、波風ともに穏やか。20~27センチのグレの食いが好調。赤灯周辺で20匹。別の人は同数とサビキ仕掛けで14センチ前後のアジを24リットルのクーラーに満杯。

 [船釣り]<室戸沖>5日、波風ともに穏やか。安定しない上り潮で、水温27・5度。仕立船で2人が17時前から約6時間、47~55センチのシブダイ5匹と30~40センチのイサギ25匹、40、45センチのイシダイ2匹、65センチのカンパチ、60センチのハガツオ、120センチのオオニベを各1匹、50センチのサバ10匹。(県釣連盟報道部)