徳島市の中学生シンガー・丸山純奈さんがボーカルのバンドPOLUが3月18日、高松市で開かれたライブサーキットイベント「サヌキロックコロシアム」に出演した。

POLUのメンバー。(左から)蜂蜜金柑熊五郎、柳本啓太、丸山純奈、バン

サヌキロックコロシアムは、徒歩圏内に複数のライブハウスがある高松市中心部の特徴を生かし、商店街も含めた街全体がイベント会場となるライブサーキットイベント。

POLUは、瓦町駅地下広場の特設ステージに登場。丸山さんが「皆さんこんにちはー!POLUでーす」と呼びかけると、聴衆は歓声で応えた。

 

演奏は、アップテンポな応援ソング「夢見る虹色」でスタート。続いて、大人っぽい雰囲気の「Lily」、バラード「今夜、星に鳴って・・・。」で伸びやかな歌声を響かせ、「Sing」は冒頭のアカペラで圧倒した。

 

最後に、バンド結成のきっかけとなった疾走感のある「ミズイロ」を披露すると、集まった聴衆は大きな拍手を送った。

 

終演後は、POLUの楽曲が流れる商店街を歩いて物販会場へ。CDやグッズにサインをしてファンと交流した。

 

丸山さんは、商店街の中に設けられたステージで、他のアーティストとのトークセッションにも臨んだ。トークセッション前には、一緒に登壇する徳島発コミックバンド・四星球(スーシンチュウ)のU太さんと話す場面も。

四星球のU太(右端)とトークセッション前に話すPOLUメンバー

トークセッションの中で、丸山さんはサヌキロックを「今までのライブでいちばん楽しかった」と振り返り、「POLUは“みんなで楽しく日本一”が目標なので、楽しく日本一になれるように皆さん応援してください。よろしくお願いします」と呼びかけた。

出演アーティストによるトークセッション。(左から)四星球U太、ヒグチアイ、丸山純奈が登壇

 

【サヌキロックでの演奏動画。メンバー4人のコメント・お知らせも】