写真を拡大 平手友梨奈さん

  欅坂46の平手友梨奈さんが歌うソロ曲「角を曲がる」のストリーミングサービス限定での配信が10月9日0時から始まった。徳島市出身の漫画家柳本光晴さんの「マンガ大賞2017」大賞受賞作が原作で、平手さんが初主演を務めた昨年公開の映画「響 -HIBIKI-」の主題歌に起用されて大きな反響を呼んだ楽曲だ。

 「角を曲がる」は、自分らしさとは何なのかという悩みや、周囲に溶け込めない違和感をつづった歌詞を、平手さんが語り掛けるようなボーカルで、骨太なバンドサウンドにのせてゆったりと歌い上げるナンバー。平手さん自身や、映画の主人公である鮎喰響のキャラクターと重なる世界観が公開当時から話題になっていた。

 「角を曲がる」はCDに収録されておらず、ライブでもパフォーマンスされることがなかったが、9月18、19両日に開催された欅坂46にとって初めての東京ドーム公演最終日にダブルアンコールで初パフォーマンスされ、平手さんが渾身の歌とダンスでこの日集まった5万人のファンを圧倒した。

写真を拡大 「角を曲がる」MVの一場面

 ライブ翌日にはミュージックビデオがユーチューブで公開され、SNS上で瞬く間にトレンド入り。約2週間で250万再生に迫る勢いで支持されていることから、多くのファンの声に応える形でストリーミング配信が始まった。

 平手さんがセンターを務め、欅坂46が今冬にリリースを予定している9作目のシングルに「角を曲がる」が収録されるかどうかは現時点で未定だが、ファンにとってうれしいニュースであることは間違いない。

■各ストリーミングサービス
 https://keyakizaka46.lnk.to/rvaFQ 

■「角を曲がる」Music Video
 https://youtu.be/J3_IdDAr-dk

 

■欅坂46 9thシングル
 今冬発売予定