男性が耕運機とパイプに挟まれたハウス=9日午後5時半ごろ、那賀町内

 9日午後3時半ごろ、那賀町の農業男性(80)が、自宅近くのビニールハウス内で、耕運機とハウスの支柱に挟まれているのを妻が見つけた。男性は町内の病院に搬送され、脊髄圧迫による呼吸停止などのため死亡した。

 那賀署によると、男性は午後3時ごろからハウス内の畑の土を耕していた。耕運機の持ち手が男性の口に入っていたことから、何らかの理由でバックギアに入ったとみている。署が原因を調べている。