鳴門の子どもたちと一緒に歓喜の歌を披露する桂文枝さん(後列右から2人目)=大阪市内

 鳴門市にあった板東俘虜(ふりょ)収容所でベートーベン「第九交響曲」がアジアで初演されてから2018年で100年になるのを前に、落語家の桂文枝さん(73)が29日、第九をPRする「なると第九マスター」に就任した。文枝さんは5月14日に鳴門市文化会館で第九をテーマにした新作の創作落語を披露するほか、さまざまな情報を発信してPRに一役買う。

 大阪市の吉本興業で就任式があり、文枝さんは「テーマが重い中で、楽しく面白く、心温まる落語を考えている。後世に残せるものにしたい」と意気込みを語った。この後、泉理彦鳴門市長から任命書を受け取り、鳴門市の子どもたちでつくる合唱団「うたの広場NKB」と一緒に「歓喜の歌」を歌った。

 創作落語「鳴門第九物語」は、収容所で生活するドイツ兵と日本人との交流を描き、笑いを盛り込みながら人間愛の素晴らしさを表現する。徳島交響楽団や合唱隊の公演もある。