2020年8月末での閉店が発表された「そごう徳島店」は、徳島そごうとして1983年(昭和58)10月にオープンした。この年は、徳島県にとって歴史的な年でもある。池田高校野球部が前年の夏の甲子園優勝に続いて、春の甲子園でも日本一となり夏春連覇を飾った。史上初の夏春夏の3連覇はならなかったたものの、夏もベスト4に進出した。池田高校の活躍、徳島そごうの開店など、徳島県にとって輝かしい1年だった。

徳島そごうの開業日、屋上に集まった熱心な野球ファン1000人を前に池田高校野球部について語る長嶋茂雄さん=1983年10月3日

徳島そごうは、当時としては四国一の規模を誇り、オープン初日は15万人が詰め掛けた。当時の徳島新聞には開店前の長蛇の列や、ごったがえする店内の写真が掲載されている。

開店日に客でごった返す徳島そごう=1983年10月1日 

 池田高校野球部は、1982年夏の甲子園で、エース畠山を擁して初の日本一に輝いた。準々決勝で人気スターだった荒木大輔のいる早稲田実業を破るなど、猛打ぶりは「やまびこ打線」と呼ばれた。83年春は、前チームから主力だった水野、江上らを中心に快進撃を続け、決勝では横浜商業を退けた。全国的に「池高フィーバー」が巻き起こり、山あいの町に大勢の人が詰め掛けるなど社会現象にもなった。3連覇に挑んだ83年夏は順調に勝ち上がったものの、準決勝でPL学園に敗れた。PL学園には1年生の桑田、清原がいて、時代の移り変わりを告げる象徴的な試合となった。

池田高校の夏貼る連覇を伝える徳島新聞号外

 この年の徳島県の主な出来事では、徳島空港と羽田空港を結ぶ東京便にジェット機が就航した。6月の参院選では亀長友義氏が再選し、12月にあった衆院選では後藤田正晴氏、三木武夫氏らが当選している。

 全国では、ロッキード事件で受託収賄罪に問われた田中角栄元首相に実刑判決が下された。4月には東京ディズニーランド(TDL)が開園している。