河野竜生

森下暢仁

 プロ野球ドラフト会議が17日に開かれる。指名が予想される大学生、社会人の有力選手を探った。

 森下暢仁(明大)は大学日本代表のエースで1位指名が確実だ。最速155キロの直球にチェンジアップなど変化球の質も高い。制球力と完投能力も持ち「即戦力」として先発の駒不足に悩む球団の競合もありそう。

 ほかの投手では本格派右腕の吉田大喜(日体大)や、昨年の大学日本一に貢献した右横手投げの津森宥紀(東北福祉大)が上位指名の候補だ。

 捕手では大学日本代表の海野隆司(東海大)がプロのトップ級と比べても遜色ない強肩で1位候補に挙がる。佐藤都志也(東洋大)は打力と身体能力が高く、野手としても評価が高い。

 野手に目玉はいないが巧打の柳町達(慶大)、宇草孔基(法大)、高部瑛斗(国士舘大)が候補に挙がる。

 社会人では投手の河野竜生(JFE西日本、鳴門高出)が最大の注目を集める。昨年の日本選手権で好投を続けた左腕で、緩急を使った投球術は即戦力の呼び声が高い。競合を回避したい球団の単独1位指名の可能性もある。球速150キロ超えの本格派右腕がそろい、宮川哲(東芝)太田龍(JR東日本)立野和明(東海理化)も上位指名が有力だ。

 俊足の内野手、小深田大翔(大阪ガス)も実力を評価されている。