台風19号の予想進路

 大型で非常に強い台風19号は10日、小笠原諸島の西で北上を続けた。勢力を維持したまま、12~13日に近畿から東日本に接近、上陸するとみられ、日本列島は広範囲で暴風や大雨となる恐れがある。徳島県内への最接近は12日正午前後の見込みで、徳島地方気象台は土砂災害や浸水、河川の増水、高潮への警戒を呼び掛けている。

 JR東日本は12、13日に大規模計画運休の方針を示し、JR東海も東海道新幹線の東京―新大阪間で12日昼前から計画運休の予定。全日空は12日に羽田、成田両空港発着の国内線全便で欠航を決定し、日航も大半が欠航するなど、影響が広がっている。

 気象庁によると、非常に強い勢力の台風が上陸した例では、関西空港でタンカー衝突が起きるなど大きな被害が出た昨年9月の台風21号がある。今回の台風19号が実際に上陸すれば、これ以来となる。

 台風19号は12日午後~13日にかけ、紀伊半島から東海、関東にかなり接近し、上陸する見込みだ。その後、東北に進み13日夜になって、北海道の南東海上で温帯低気圧に変わるとみられる。

 小笠原諸島は11日にかけ非常に強い風や猛烈なしけとなる。西日本や東日本は11日午後から風雨が強まり、12~13日は北日本から西日本にかけての広い範囲で猛烈な風、大雨になりそうだ。

 徳島地方気象台によると、徳島県内では11日正午からの24時間雨量が北部・南部とも多い所で100~200ミリの見込み。その後も雨量は増え、300ミリを超える恐れもある。

 南部では11日夜からうねりを伴った大しけとなる。12日に予想される波の高さは北部6メートル、南部8メートル。11日昼すぎから風も強くなり、最大風速は北部14メートル、南部18メートル。12日は沿岸部、海上ともに非常に強い風が吹く見込み。

 台風19号は10日午後9時現在、父島の西南西約380キロを時速約20キロで北北西へ進んだ。中心気圧は920ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は50メートル、最大瞬間風速は70メートル。中心の東側330キロと西側240キロ以内が風速25メートル以上の暴風域となっている。