大型で非常に強い台風19号は11日、日本の南海上で北上を続けた。勢力を維持したまま、12日夕方から夜遅くにかけて東日本に接近、上陸する見込み。徳島県への最接近は12日正午前後で、北部を中心に大雨となる見通し。

 徳島地方気象台によると、12日朝から昼前にかけて、局地的に雷を伴った激しい雨が降る。12日午前6時からの24時間雨量は、北部・南部とも多い所で200~300ミリ。12日の明け方から風も強くなり、最大風速は北部・南部とも20メートルの見込み。

 台風の接近に伴い、南海フェリーは11日午後1時25分以降の上下8便の欠航を決めた。12日は終日欠航する。JR四国も12日の牟岐線・徳島-海部駅間の列車運転を始発から見合わせる。