大型で非常に強い台風19号は東海沖を北上し、12日の夕方から夜にかけて東海か関東に上陸する見通しだ。徳島県への最接近は12日正午前後で、北部を中心に大雨となる見通し。

 県内の沿岸でも波が高い状態が続いている。鳴門市鳴門町土佐泊浦の竜宮の磯周辺では11日午後4時ごろ、白波が大きな音を立て、激しく岸壁に打ちつけていた。徳島地方気象台によると、11日夜遅くから12日夕方にかけて大しけとなる見込みで、 うねりを伴った高波への警戒を呼び掛けている。