回復せず一日中痛み

 【質問】50歳男性で右利きです。1カ月前から左の肩から腕にかけて痛くて困っています。一日中ズキズキ痛みます。特に痛いのが肘と肩の関節部分です。肩甲骨も痛みます。腕が上がらないわけではなく、肩を回すこともできます。痛いのは左だけで、右は全く問題ありません。ひどい場合は夜寝られないくらい痛い時があります。湿布を貼って対応していますが、一向に回復はみられません。五十肩かなと思います。悪化が心配です。何かいい改善方法はありませんか。

 運動療法で慢性化防止
 【答え】橘整形外科 橘敬三院長

 五十肩は肩の痛みと運動制限が起こる病気です。五十肩の経過は、肩の痛みが主体の急性期で始まり、関節が固まって動かない慢性期へと進みます。さらに可動域制限は残るものの痛みは少なくなり、徐々に可動域も改善していく回復期となり治癒します。痛みは夜間痛が特徴で日中は軽減していても就寝後に肩の痛みで目が覚めることがあります。

 痛みの範囲は首から肘までにおよび、肘が悪く痛いと訴える人もいます。ズボンを上げる動作や髪の毛をくくる動作が痛くてできないのが典型例です。ほとんどの場合、予後は良好で数カ月で治る場合が多いです。それでもまれに数年たっても治らないことがあります。

 また同様の症状が起こる病気に、腱板損傷や石灰沈着、変形性肩関節症、頸椎疾患、腫瘍、内科的な病気などがあるので注意が必要です。

 治療は、肩の動きが強く固まって慢性化しないように肩の運動療法を指導します。痛みが強い時は、鎮痛剤や外用薬、注射(局所麻酔薬、ヒアルロン酸、ステロイド)を適時使用します。

 肩の運動療法は病期によって変わります。痛みが強い急性期は投薬治療が中心で肩は安静にして痛みが落ち着くのを待ちます。少し痛みが落ち着くと早めにアイロン体操を始めます。さらに痛みが軽くなるとストレッチ運動を追加します。

 五十肩は肩関節に明らかな異常がなく予後良好な疾患です。それでも時に不眠になるほどの痛みが出たり、関節が固まり日常生活に支障が出たりします。また他の病気が隠れていることがあります。早めに整形外科を受診してください。

 