野球の独立リーグの四国アイランドリーグplus(IL)とルートインBCリーグ(BCL)の年間王者が日本一を争うグランドチャンピオンシップ(GCS)第4戦は14日、鳴門オロナミンC球場で行われ、四国ILの徳島インディゴソックスは4―5でBCLの栃木ゴールデンブレーブスに惜敗した。対戦成績は2勝2敗となり、優勝の行方は15日の最終戦に持ち越された。

 徳島は5点を追う五回、2死から上原、横溝、友居の3連続四球で満塁とし、平間、球斗、岸の3連打で4点を返した。先発石本は五回途中、4失点で降板。後を受けた3投手が踏ん張ったものの、打線が六、八回の反撃機を逃したのが痛かった。

 最終戦は15日午後6時から、徳島市のJAバンク徳島スタジアムで行われ、徳島が勝てば2年ぶり3度目、栃木が勝てば初の独立リーグ日本一が決まる。