米フェイスブックが計画する「リブラ」のロゴと、仮想通貨を模したコイン(ロイター=共同)

 【ニューヨーク共同】米交流サイト大手フェイスブックが来年発行を計画する暗号資産(仮想通貨)「リブラ」の運営団体を巡り、創立メンバーとして当初参加を予定していた計28の企業・団体のうち、4分の1に当たる7社が離脱したことが14日明らかになった。

 各国当局や中央銀行が金融システムへの影響やマネーロンダリング(資金洗浄)への悪用を懸念したことを受け、米クレジットカード大手のビザやマスターカードといった有力企業が相次いで参加見送りを表明。計画の実現性に不透明感が強まっている。